読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これが始まりかもしれない

世の中には信じたくないことがたくさんある。

 

甲子園のヒーローが涙のドラフトを経て西武へ。

因縁の巨人との日本シリーズでも、人目をはばからず男泣き。

f:id:tacty1202:20160204010551j:plain

最後は愛する息子を抱き寄せ、

23年間の現役生活と、野球に別れを告げた。

f:id:tacty1202:20160204010532j:plain

 

 

繊細な心を強靭な肉体で覆い隠し、

ファッションやヘアースタイル、さらには

威嚇の姿勢で、生来の弱さを封印しつづけた。

マスコミが作った『球界の番長』というイメージは、虚像でしかない。

彼が、そんな男を演じる、いや、演じなければならなくなったのは、

いったいいつからだろう。

 

ユニホームを脱いだ彼は、

自分の存在そのものが、消えてしまったかのように言う。

いや、そんなことはない。

ファンの心にはいつまでもあの一打、あの一本、あの涙が、焼きついている。

そしてそれは、どんなことがあろうと消えるものではない。

 

終わったわけではない。

むしろ、これが始まりかもしれない。

いまがどん底なら、あとは這い上がるだけ。

 

 

いつの日か、ユニホームを!!