読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドーハの奇跡か!?

AFC  U-23選手権  FINAL    2016 01/30

韓国     1-0     日本

         1-3

 

■得点者

韓=クォン・チャンフン(20分)、チン・ソンウ(47分)

日=浅野②(67分、81分)、矢島(68分)

 

f:id:tacty1202:20160203220100j:plain

浅野がピッチに投入される60分過ぎまで、

日本に勝機を見出すのは困難だった。

球際と対人に強く、それこそ押せ押せで主導権を握った韓国は、

そのままの勢いで後半を迎え、試合を決定づけようとしていた。

しかし日本にとっては、0-2というスコアこそが、

相手の油断を誘い、その後の逆転劇を生むきっかけになった。

 

0-2、0-3から試合をひっくり返すというのは、

いわばサッカー界ではよくある話だ。

2003-04シーズンのCL決勝。

3点のビハインドで後半を迎えたリバプールは、

54分からの6分間で怒涛の3ゴールを叩き出し、

PK戦の末にミランを沈めている。

話のスケールはやや見劣りするが、

あの試合を【イスタンブールの奇跡】と言うのなら、

日本が韓国を退けたこの一戦も、

【ドーハの奇跡】と呼ぶにふさわしい。

 

 

f:id:tacty1202:20160203223805j:plain