読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最終節から、始めました。

そりゃないぜ、TOKYO!!

 

■11.22  Jリーグ2ndステージ最終節 vs 鳥栖(味スタ)

年間総合3位で迎えた最終節。追いすがるG大坂とは勝点でわずか1差。

ただ、この試合に勝利すれば、自力でのチャンピオンシップ(以下CS)進出が決まる。

文字通りの大一番。選手はもちろん、スタンドのサポーターも、

34分の1の戦いとは到底思えない、極度の緊張感の中にいた。

 

今シーズンのFC東京は、就任2年目のミステル(フィッカデンティ監督)の下、

堅守に磨きがかかっていた。

1stステージを持ち前の得点力で牽引した武藤の移籍(マインツへ)後は、

さらにその守備力が際立ち、最小得点での勝利を次々にもぎ取っていった。

「ウノ・ゼロ(1-0)」――。イタリア人監督がゆえに、メディアはそう書きたてる。

あたかもそれが、美学であるかのように。

 

前半を終えて0-0。

いつもと同じ入り、に見えた。

もちろん選手の動きは固く、ぎこちなく、チグハグなプレーも散見された。

ただスコアだけは、「いつもと同じ」感。

きっとそのうち、太田宏介のセットプレーから1点取れるだろう。

そんな根拠なき安堵感が、まだスタンドには蔓延していた。

 

しかし甘かった。

70分にMF橋本拳人に代わってFW林容平が投入された時点で、ふと我に返る。

「こりゃマズイ」

 

時間の経過とともにゴール前の密度を濃くしていった鳥栖に対し、

東京は攻め手を失いつつあった。

DFながらリーグ最多のアシスト数を誇る太田のクロス、CK、

そのすべてがことごとく弾き返されていく。

パワープレー? いや、唯一そのターゲットに成り得る平山はベンチ外だ。

林では荷が重過ぎる。

 

そして無常の笛。

同時刻にキックオフしたG大坂は勝利し、

念願のCS出場権は、東京の手からこぼれ落ちた。

 

 

f:id:tacty1202:20151125164231j:plain